logo 劇団衛星特別公演「珠光の庵」 劇団衛星のサイトへ
head
お知らせ
2016/4/2
『珠光の庵~遣の巻~』終了しました。
ご案内
表紙に戻ります
英語版へ
珠光の庵とは
珠光の庵とは
珠光の庵とは
公演履歴
今後の上演予定
お茶雑記
劇団衛星のご紹介
ご案内>
				</td>
				<td background=
新しいブログを表示します。
珠光バナー
衛星バナー

トップ珠光の庵とは ;登場人物紹介
珠光の庵とは
『珠光の庵』登場人物のご紹介です。

登場人物紹介

村田 珠光

登場人物・村田珠光

本編の主人公。室町時代中期に大流行した、「闘茶」は、茶を用いた賭事であり、珠光はその名人であった。しかし、その「闘茶の才」で人生を謳歌していたのは昔の話。今もその能力に陰りはないものの、実に不味そうに、つまらなさそうに茶を飲む、くたびれた中年になってしまっている。一休の居る大徳寺に来たのも、そんな行き詰まりをなんとかしたい、という気持ちからだった。しかし、そんな思いとは裏腹に、一休に体よく利用されている珠光は、よりその悩みを募らせているのであった…。

一休

登場人物・一休

衝撃的な事に、一休の号は20代の後半に授かったもので、くりくり小坊主のころは周健と名乗っていたらしい。だが、「すきすきすきすきすきすき、周健さん」では、確かにいかんともしがたい。テレビ局でなくとも、「一休さんで、いいよね…」と言いたくなる気持ちもわかる。戒律で禁じられた飲酒や性交を行い、風変わりな格好で町を歩いたりと奔放なエピソードが多く残っているが、形骸化した仏教への風刺の精神によるもの、と解釈されている。この作品では、その奔放さ非常識さが存分に発揮されている。

小夜

登場人物・小夜

村田珠光の「瞼の君」というべき存在。珠光がすっかり世を厭うひねた中年になってしまった事について、大きな影響を与えたらしい人物。珠光は若いころ、寺を追い出されて還俗し、闘茶に明け暮れていた。そんな珠光を、坊主に戻そうと画策したらしいが…。

遊女

登場人物・遊女

一休の住む大徳寺に出入りする遊女。何事にも動じず、男女の機微こそが世の中の基本であると信じて疑わない、ある意味「悟りの境地」に居る人物。かつては名うてのプレイボーイとして名を馳せていた珠光と、是非とも遊んでみたいと思ってはいるが、珠光は応じない。しかし、それもあまり気にしていない様子である…。

小坊主

登場人物・小坊主

大徳寺の小坊主さんで、一休に付き従う。名前はどうやら狐麗(これ)と言うらしい。寺では一番の闘茶の名人で、強い客の相手をすることもある。一瞬、女の子のように見える出で立ちだが、頭はクリクリに剃髪している。しかし、どうやらこの人物にも、ちょっとした秘密があるらしい…。

能阿弥

登場人物・能阿弥

将軍の身の回りの世話と、芸術芸能に関する指南をする文化担当官達は当時「同朋衆」と呼ばれていて、「芸阿弥」「立阿弥」などの「阿弥号」を名乗っていた。能阿弥は宝物の目利き担当で、「東山御物(ごぶつ)」と言われる一級品を選定した。また、庶民の間に流行っていた「静かな茶」を珠光に教え、侘茶の成立に影響があった、という説もある。本編では、微妙なポジションの人物である。

ほっかむりの男

登場人物・ほっかむりの男

なぞの人物。だが、お付きの者が居るあたりから、相当な身分の高さが伺い知れる。どうやらアニメの一休さんで「将軍様」として登場する将軍義満の孫のようだが、詳しいことはナゾである。

ページの先頭へ 表紙へ
このサイトはリンクフリーです。GEKIDANEISEI All rights reserved